2017年11月21日

第4回ひろしまケアコンテスト「食事ケア部門」で敢闘賞を受賞!!

2017ケアコンテスト04.JPG2017ケアコンテスト02.JPG2017ケアコンテスト07.JPG2017ケアコンテスト08.JPG

 

 去る11月19日(日)、南区比治山本町の広島産業会館において、広島市

及び広島市老人福祉施設連盟主催による「第4回 ひろしまケアコンテスト」が

開催されました。

 コンテストは、広島市内の老人福祉施設や障害者福祉施設に勤務する職員が、

「食事ケア」「排泄ケア」「入浴ケア」の3部門に分かれ、日頃の業務で培っ

たケア技術を発表し、その技術や専門性の高さを競い合う場として毎年開催

されており、今回で4回目を迎えました。

 IGL 学園福祉会からは、ナーシングホームシャレーの 榊 亜梨紗 さんとナー

シングホームゆうゆうの 中下 潤一郎さんが「食事ケア」部門に、ナーシング

ホームシャレーの 住田 拓也 さんが「入浴ケア」部門に、ナーシングホーム

ゆうゆうの 寺本 真樹 さんが「排泄ケア」部門に出場しました。

 コンテストは盛況のうちに全部門とも無事終了し、厳正な審査の結果、

食事ケア」部門出場の 榊 亜梨紗 さんが、見事 敢闘賞を受賞されました。

 IGLを代表して出場頂いたスタッフの皆様、大変お疲れさまでした!

ページ先頭へ
IGLグループ事業紹介